“THE OUTLETS(ジアウトレット) HIROSHIMA”がオープン!感想や気になる点など

こんにちは。だんごファームです。

石内東地区に建設されたイオンの商業施設”THE OUTLETS(ジアウトレット)HIROSHIMA”が2018年4月27日にオープンしました。

開業前から何かと話題になっていたアウトレットモールに行ってみましたので、感想や気になる点も書いていきます。

 

この施設がある「グリーンフォートそらの」については過去記事にあるのでそちらをご参考に。

 

 

そもそも何でアウトレットモールなのか?

広島市内近郊には2016年に増床してリニューアルオープンしたイオンモール広島府中があり、全国のイオンモールの中でも屈指の売り上げ規模を誇ります。さらに府中に比べると売上規模は劣りますが、イオンモール広島祇園もこの計画地から近場にあります。

このような状況下で石内東地区に同業態のイオンモールを作ればバッティングしてしまう恐れもあり、社内での住み分けを考えると新業態の展開は自然の流れです。

ライバルのイズミがゆめタウン広島と廿日市の中間地点にレクトを作ったのとよく似ています。ただし、蔦屋書店とカインズを持ってきて既存店との違いを打ち出したレクトとは違って、イオンは新業態として”アウトレットモール”を持ってきました。

ブランド品が通常より安く買えるということで人気のアウトレットモールは全国各地にありますが、広島にはありません。東は三井アウトレットパーク倉敷、西にはマリノアシティ福岡まで行かなければならず、アウトレットという観点で見ると意外と盲点になっている地域なのです。

 

 

アクセス

車でのアクセス

車でのアクセスは五日市ICからのアクセスが一番近いのですが、あの辺りは通常でも渋滞する箇所なのでIC出口は大渋滞必至…。それなりに時間に余裕を持って出た方が良さそうです。

バスでのアクセス

 

オープン時は無料バスが出ていましたが、現在は西広島・アストラム広域公園前駅・広島バスセンター・八丁堀・広島駅北口・五日市駅からバスが有料で出ています(※広島駅・五日市は土日祝のみ)。

このうち本数が多いのは西広島から出ているバスで、土日であればピーク時には1時間に6本あるので、バスを利用する人はこちらがメインになります。

詳しくは公式HPでご確認ください。

 

実際に行ってみた

4月24日にはプレオープンしていたのですが、そちらには残念ながら都合が合わず(平日だし)。実際に行けたのはオープン後初めての日曜日になる4月29日でした。

ここからは現地で感じたことを書きます。

広くて開放感がある

月並みな感想ですが、まあ広いです。施設の端から端まで行けばちょっとしたウォーキングになるくらいの距離があります。「せっかく広電がからんでいるのだから、施設の中に電車走らせたら面白かったのに…」と少し本気で思いました(笑)。1日ではすべて見て回るのは無理なので、ここを気にいった人は何回か足を運んでリピーターになるでしょう。

そしてこの日は雲一つない好天だったこともありますが、アウトレットモールフロアである2Fの解放感は素晴らしいです。雨の日や(プレオープンの日は大雨で大変だったとか)、寒い時期に歩くのが辛いというデメリットもあるでしょうが、この解放感はここが広島の山の中にあることを忘れさせてくれます。

少し高い物を安く買える

オープン直後なのでそれなりに力を入れているところもあるのでしょうが、アウトレットらしいお買い得品はいろんな施設で目につきました。高級チョコレートのゴディバではバレンタインの余りっぽい商品を半額以下で販売していました。

ただし、全体的にプレミアム感はあまり無いと思います。いわゆるハイブランド的なテナントは少ないので、ブランド品を安く買いたいという人には物足りないでしょう。

テナントの数は多いので、「少し高めの物を選んで安く買える」という表現が一番シックリくるように思いました。

家族で楽しめる

従来のアウトレットモールはどうしても大人向け。子供を連れていくと見るものがなくて退屈させてしまうケースもよくあります。ジアウトレットではその辺りがよく考えられていて、カプコンフロアにはボウリング場やスケート場、カラオケまであります。スケート場ではカーリングまで出来たりするので、話のタネにもなるでしょうし。小さいですがトイザらスも入っているので、子供退屈させずに済みそうです。

あと個人的に嬉しかったのはメンズとレディス両方扱いがあるセレクトショップ系の店が多かった点。嫁が婦人服を物色している間に待ちぼうけをすることが無いのが、非常に有難かったですね。

混雑時の駐車場は選ぶべし

アクセスの項で触れた事前の懸念どおり、五日市ICからジアウトレットまでは大渋滞を起こしていました。そもそも五日市ICは構造自体に問題があるので車が多くなれば必ず渋滞します。混雑時に高速道路から来るのであれば一つ前のIC(沼田PA・廿日市IC)で降りた方が早い可能性もあります。

この日(4月29日)は五日市ICから西駐車場入り口までの左車線が全く動かない状態になっていました。どうしても近い方に入りたくなってしまうので仕方ないのですが、混雑時は南駐車場に回るのがおススメです。歩いてみると意外と近くに感じたので、メイン駐車場にこだわって渋滞に巻き込まれるよりは、最初から南駐車場を目指して行く方が賢いと思います。ただし、この日は南駐車場も昼過ぎには埋まってしまい、駐車場待ちで地獄絵図みたいになっていましたが。

営業時間が短い

映画やアミューズメントなどの一部施設をのぞいたテナントは営業時間10:00~20:00。20:00閉店というのは少し驚きですが、夜遅い時間には集客は見込めない立地との判断もあるのかもしせません。

さらには、夜の労働時間を確保することが出来ない昨今の人手不足というのも要因にはあるでしょう。オープン期間くらいは閉店時間を1時間延長しても良さそうなものですが、働き方改革が言われるなかで、いよいよ消費者も少しずつ不便を我慢する時代になってきたということでしょう。

飲食店の混雑状況

アウトレットフロアの解放感とは逆に、1Fの飲食街は通路が狭いうえに天井も低いので非常に窮屈な感じがします。ただ、これはオープン直後でキャパオーバーになっているのでやむを得ない部分も。これだけ人が来ればどれだけ店があっても混雑するでしょう。

2Fがあれだけ広く取ってあるのであれば、それを飲食に活かす手もあったのではという気もするのですが。

 

…とざっと感想を書きましたが、まだまだ見れていない部分が沢山あります。飲食街なんて人が多すぎて全く見れていません(笑) ということで、2回、3回と行けばまた違うことを感じるでしょうから、その時には書き足していきます。

 

<参考資料>建設前の様子

<2017年10月時点の建設地>

この写真は団地内で一番大きな「そらの第一公園」から撮ったところ。かなり建物が出来上がってきました。

 

ここが正面。それにしても横長な建物です。おそらく500メートルくらいはありそうな感じがします。

 

あまりに横長なのでパノラマ機能を使ってみたくなり撮った写真(笑) 広さが伝わるでしょうか?

 

ここは構成図からいけば「ほしかげシティ」と名付けられたエンターテイメントゾーンのはず。一番工事が進んでいるゾーンで、建物の外観はかなり出来上がっています。

 

エンターテイメントゾーンには道路を挟んでの連絡橋が建設中でした。

 

当面は南側の地区は駐車場として運用して、売上規模によっては増床する計画もありそうです。

広島マツダがあるメイン道路側からも建物が完成しているのが確認できます。こうして見ると何となくイオンっぽい感じもしますね。

<2018年2月時点の建設地>

 

建物は完成し、駐車場も整備されています。

ここが正面入り口でしょうか。

以前訪れた時には建設中だった橋も完成。橋を渡った先には広大な駐車場があります。

関連記事

広島駅前のエディオン蔦屋家電。とにかく一度は行ってみる価値あり!

「マリホフードホール by るるぶキッチン」がオープン!マリーナホップがさらに攻...

ついに「マリホ水族館」がオープン!マリーナホップが攻めてる件

”全く新しい商業施設” LECT(レクト)とはどんな場所なのか?