サッポロ一番「広島式汁なし担担麺」がビックリするくらい本格的だった件

こんにちは。だんごファームです。

今回は最近発売されたインスタントのサッポロ一番「広島式汁なし担々麺」について。

ここ数年で汁なし担々麺は広島のご当地グルメとしてすっかり定着してきました。担々麺と言えば日本全国で一般的に知られているのは汁麺の担々麺でしたが、元来中国では汁なしで提供する店が多く、それを広島の有名店の店主が持ち帰ったのが始まりなんだとか。しばらく後に広島では汁なし担々麺の専門店が何軒も誕生し、現在に至ります。

汁なし担々麺の特徴は辣油や唐辛子の辛さに加えて、花椒をたっぷり振りかけた痺れるような辛さ。辛い物が好きな自分も好きでよく食べにいくんですが、そのたびに花山椒を追加でかけてアレンジして楽しんでいます。たまに花山椒をかけすぎて舌が痺れてしまい、何食べてるんだかわからなくなりますがw

そんな汁なし担々麺好きの自分の為に、嫁がインスタントの汁なし担々麺を買ってきました。ちなみに嫁は辛い物がダメなんで、汁なし担々麺に興味はありません。

せっかく買ってきてくれたインスタントの汁なし坦坦麺だったのですが「どうせインスタントだしな…」と正直大して期待もしなかったのですが…

「広島式汁なし担担麺」を食べてみた

f:id:streamliner77:20170601223857j:plain

「広島式汁なし担担麺」のパッケージ。担々麺って書く方が多いと思うんですが、あえての”担担麺”。

”街の熱愛グルメ”と書いてあるのがみのもんたのアレを思い出させるけど、特にタイアップしているわけでは無い様子。

f:id:streamliner77:20170601224523j:plain

中身はこんな感じ。

かやくだけ先にいれるよくあるタイプ。

f:id:streamliner77:20170601224858j:plain

湯切りして「あとのせ」と書いてあった調味だれとスープを入れる。

お、結構本格的っぽい。

f:id:streamliner77:20170601225046j:plain

しっかりと混ぜてみます。

「汁なし担々麺は30回は混ぜるべし」と言われているので真面目に30回混ぜていきます。

f:id:streamliner77:20170601225202j:plain

30回混ぜた後。麺にタレと花椒が絡みました。

いよいよ実食…

……

お!辛味が効いてて花椒の味がガツンと来る!

ちゃんと汁なし担々麺だ!!

うまい!!!

いやー、インスタントだと思ってちょっと舐めてました。

これ、広島の汁なし担々麺の再現度かなり高いです。

そぼろ肉もフリーズドライながらもちゃんと入ってるし、ラー油の効いたタレもしっかり効いてる。

なにより、少し舌が痺れるくらいの花山椒がガツンと来ます。

好みを言えば、細麺よりももう少ししっかりした太さの麺が好きですけど。まあ、これはこれで美味しいです。

汁なし担々麺の家庭用は「くにまつ」プロデュースの生めんタイプのものがあるんですが、個人的にはそれよりもこっちの方が断然上。「くにまつ」の家庭用も以前はかなり花椒が効いていたのですが、パッケージと味がリニューアルされてからは、マイルドになってしまって、物足りなくなってたんですよね。

これが200円ちょっとで手に入るなら家に常にストックしといて非常食にします。それくらい出来がいい。

「まずい」という感想も

ちなみに「サッポロ一番 広島式汁なし担担麺で」ググると「まずい」という関連ワードが出てきます。

Amazonでも評価が真っ二つに分かれていて、こんなもの辛くて食べれないといった感想もあります。

でも、それはある意味当然の事かもしれません。

広島式汁なし担々麺の再現度の高さゆえに、かなり人を選びます。

「広島の人はバカ舌ってことがわかった」とか書かれちゃってますが、汁なし担々麺愛好家からすれば大きなお世話ですね(笑)

合う人には合う、合わない人には全く合わない。

人を選ぶ商品ではありまが、汁なし担々麺が好きな方は一度是非食べてみてほしいと思います。もちろん県外の方で「広島の汁なし担担麺が食べてみたい!」って方もどうぞ。

あ、でも辛い物が苦手な方やめといた方が無難です。

関連記事

氷室京介のラストライブを収録した”LAST GIGS"  DVD&ブル...

チーズタルト専門店「パブロミニ」がゆめタウン広島にオープンしてたので行ってみた

DCモーター扇風機”カモメファンFKLR-251D”を1年使ってみたら超快適だっ...

【書評】「クソゲー番付」は初心者からマニアまで守備範囲が広い

”俺たちは氷室京介を卒業できない” L'EPILOGUE(エピローグ) レビュー

「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」レビュ...