予算1万円前後でシェーバーを購入したのでおススメと調べたことのまとめ

朝時間が無いサラリーマンに欠かせない電気シェーバー。

自分は一度買うとかなり長いサイクルで使っていて、8年前のパナソニックラムダッシュをずっと使っていました。

ところが最近ついに寿命がきたらしく、フル充電しても10分くらいしか使用できなくなってしまいました。

しかもこのラムダッシュ、充電式なので充電しながら使用することが不可能なんですね(ラムダッシュ全てがそういう仕様なわけではありません)。

これが朝の時間が無い時にはにはかなりイライラするんです。電池が切れてしまったら中断してしばらく充電しないといけないので、自分のルーティーンが狂って朝から気分がとても悪い。

せっかく昨年の秋、替刃を交換したばかりなので勿体ないのですが、こうなったら新しくシェーバーを買うしかありません。

購入候補に挙げたのはパナソニック、フィリップス、ブラウンの有名メーカー3社。

いわゆるシェーバー界のビッグ3です(たぶん誰も呼んでない)

購入条件

一口にシェーバーといってもピンからキリまでありますから、自分に合う条件を書き出してみることにしました。

肌の強さは普通

シェーバーで血が出たりしないから普通肌かな?

ヒゲはやや濃いくらい

特に濃いわけではありませんが、剃らずに放置しておくともみあげからアゴまで尾崎紀世彦みたいになります。

洗浄器は必要ない

本当はあった方がいいけど。洗浄剤とかのランニングコストがかかりそうなのでパス。

風呂剃りもしない

朝風呂に入る習慣がないので風呂剃りはしません。

充電しながら剃れる

前の機種で苦労したのでこれは譲れないポイント。

予算は1万円前後

上を見たらきりがないのでこれくらいが妥当かと。今回はこの価格帯で選んでいきます。

パナソニック

特徴としては

・往復式シェーバー。

・朝忙しい日本人向けに剃るスピードが速い。

・スピード重視しつつも深剃りが出来る。

・信頼と安心の日本ブランド。

といったところがが挙げられます。

一番無難なメーカーといってもいいでしょう。

そして今回の購入条件に合うのはこちらの機種

以前使っていたラムダッシュは充電式でしたが、こちらは交流充電式なので充電中の使用も可能なタイプ。

Amazonのレビューを見てもなかなかの好評価で、シェーバーの振動音も割と静かっぽいし、深剃りも可能らしい実は、以前の機種は水で濡らさないと深剃り出来ないのが結構不満だったんですよね。それでも水を使えば何とか深剃りも出来ていたんですが、ぶっちゃけ水つけながら剃るの面倒くさい(タダのものぐさ)

だからドライでも深剃り出来るのは大きな魅力ですね。

フィリップス

特徴は

・回転式シェーバー

・肌に優しい

・優しい反面、深剃りはやや苦手

・回転式ゆえに剃るのに時間がかかる

・オランダ産で世界販売金額No.1

とにかく肌に優しいのがフィリップスの特徴。3つの丸いヘッドを持つ独特のフォルムで存在感があります。

肌に優しいのと引き換えに、時間がかかるのが難点。

あと、イメージキャラクターにはサッカー日本代表の長友を起用していて、カタログなんて長友の写真集なんじゃないかというぐらい長友推しな作りになっています。

そして今回の購入条件に合うフィリップスの機種がこちら

フィリップスのラインナップは9000、7000、5000とあるんですが、今回の予算でいけば対象は5000シリーズになります。

この機種も例に洩れず「肌に優しい」というレビューが多数。

しかも早剃りも”慣れれ”ば可能だとか(この”慣れれば”ってのが曲者ですが)。

とりあえず、敏感肌の人はフィリップス一択じゃないでしょうか。

ブラウン

特徴

・往復式シェーバー

・深剃り可能。ただし肌に負担がかかることも。

・くせヒゲに強い。

・Made in Germany

ブラウンと言えば何といっても、通勤途中で急いでいるサラリーマンをとッ捕まえて無理矢理ヒゲを剃らせて「いやー、朝剃ってきたんだけどなー」と言わせるCMが印象的。 ちなみにこのCMは2003年で終了しているそうです。そういえば最近見ませんね。

そんなブラウンは深剃りが出来てパワフルなのが特徴。

あと、ドイツ製っていう響きに憧れますね(ブランドに弱い)

結論から言うとコレを買いました。

ブラウンシェーバーのシリーズ5、5030sです。ほぼ同じ昨日で洗浄器付きの5040sもあるのですが、洗浄器はいらないので単体の5030sにしました。

深剃りが出来て、くせヒゲにも強いあとは何といっても、ドイツ製ってのがポイントです。外国車に対する憧れみたいなものかもしれません。

ちなみに同じブラウンでも、家電芸人の品川が「一万円以下!」と宣伝しているシリーズ3は中国製。

あと、品川におススメされて買うのも何となくムカつくのでシリーズ5にしましたw

発売から期間が経っているので、価格が一万円以下と値頃なのも購入理由ですね。

ブラウン 5030sを使ってみた

f:id:streamliner77:20170404152812j:plain

Amazonから届いたので早速開封してみます。

f:id:streamliner77:20170404152848j:plain

内容物はこちら。持ち運び用の袋とオイルも少量ですがついてきます。

f:id:streamliner77:20170404153001j:plain

前後によく曲がる首振り型のヘッド。

f:id:streamliner77:20170404153041j:plain

3枚刃がそれぞれ独立して動くので肌に沿って剃れる感じです。

f:id:streamliner77:20170404153130j:plain

ワンタッチで3枚刃が取り外し可能。

f:id:streamliner77:20170404153207j:plain

「Made in Germany」 しっかりドイツ製と書いてあります。

重量感

持った感じ程よい重量感。

あまり軽いよりはこのくらいの重量があった方が剃りやすいですね。

デザイン

無駄のないシンプルなデザイン。

こういうシンプルな方が飽きが来ないので長く使えそうな気がします。

充電

一回のフル充電(1時間)で45分使用可能。

1日3分程度なら2週間くらいは持ちます。

あとは、充電交流式なのも便利。電池切れを起こしても、充電しながら使用できます。前の機種で散々苦労したのでこれは譲れませんでした。

使用感

ヘッドがよく動くので密着して剃れます。

以前は何度も何度も往復しながら剃っていたのが半分くらいにはなりました。

ただし深剃りするには肌を伸ばしながらやらないと無理。

ヒゲを起こしてやればしっかり深剃りが出来ますが、強く当てすぎるとヒリヒリ感がそれなりに残ります。

自分は強く当てすぎて、最初かなりヒリヒリしました。

使ううちにそれほど強く当てなくても剃れることがわかってきたので、慣れの部分が大きいかも。

洗浄

ワンタッチで三枚刃が全て外れるので洗いやすい。

ラムダッシュは内刃が取れないので、洗う時に水が飛び散ってしまうのが難点でしたが、これなら安心して洗えます。

まとめ

総じて満足度高いです。

以前使っていたのが8年前の機種という事もありますが 、剃りやすさ、スピード、メンテナンスのしやすさ、どれをとっても格段に上です。

ただし、肌への負担はそれなりかなと。

敏感肌の人にはフィリップスを選んだ方が良いと思いますが、やや濃いヒゲで、普通の肌質の方にはこの5030sはおススメです。

それでは!

関連記事

【書評】「クソゲー番付」は初心者からマニアまで守備範囲が広い

DCモーター扇風機”カモメファンFKLR-251D”を1年使ってみたら超快適だっ...

【祝 Amazonプライムmusic配信】 BOOWYのアルバム全14枚をレビュ...

広島でスタッドレスタイヤを安く買うための方法を紹介します

JAFはロードサービスだけじゃない!優待割引を使い倒すべし!

”俺たちは氷室京介を卒業できない” L'EPILOGUE(エピローグ) レビュー