商工センター「魚の資料館」は無料で魚について学べるのでおススメ

こんにちは。だんごファームです。

先日、商工センターにある「魚の資料館」に行ってきました。商工センターのメイン道路を車で走っていると「魚の資料館」の案内板を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

知名度があるようで意外と知られていない施設なんですが、入館料無料で楽しめる場所なので少し紹介したいと思います。

アクセス


場所は商工センターの西の果て、井口港のそば。近隣にはホームセンターTimesやヒマラヤ、オートバックスがありますので、車で行く場合はその辺を目指して行くといいでしょう。「魚の漁業の資料展示館」という青い看板が目印です(写真撮るの忘れた)。

バスだと「商工センター・井口車庫行(25号線)」を使うと近いですね。

開館日・時間など

【開館時間】8:30~17:00

【休館日】土・日曜日(第3日曜日除く)、祝日・振替休日、12/29~1/3、8/6

【駐車場】約20台(無料)

【入場料】無料

正式名は「魚と漁業の資料展示室」。広島市水産振興センター内にある展示スペースです。

気を付けたいのは基本的に開館日は平日のみという点です。お間違えなく!

展示内容

この施設は広島湾や太田川に生息する魚を中心に、漁業の歴史が紹介されています。

瀬戸内海に住む魚たちが大きな水槽に展示されています。どれも身近な魚ばかり。「美味そう…」という感想が出てくるのは自分だけではないはず(笑)

魚の名前が書いてあるスイッチを押すと、どんな所に住んでいるかが解る仕組み。

魚体の各部分の働きが覚えられます。

魚のQ&Aコーナーもあるのですが…

ディスプレイの表示部分が欠けてたりします。こういうところが施設自体の古さを感じさせる(笑)

広島の漁業の歴史コーナー。草津、井口沖の埋め立て事業(つまりこの施設がある商工センター)が紹介されています。

 

昔の漁村と生活が再現されているコーナー。ビデオで海苔の養殖の歴史も学べます。

カキの養殖の様子。一般の人は普段まず見ることないので勉強になるかと。

第二展示室には小さな水槽にいろんな魚が展示されています。

スッポン、うなぎ、ナマズなど…。アップで見ると結構可愛らしいんですが、スッポン料理、ウナギのかば焼き、ナマズ丼(マツダスタジアムで売ってました)とか、どうしても考えてしまいましたw

 

まとめ

普段から食卓に並ぶ魚たちの生態を知ることができたり、瀬戸内海の漁業の歴史を学べたり、意外な発見があります。もちろん水族館みたいな綺麗さや華やかさとは無縁な施設なんですが(笑)、真面目に勉強になります。

平日しか開館していないのが少しネックですが、何といっても無料なのでこの付近に車で立ち寄った時には寄ってみると良いのではないでしょうか?

それでは!

関連記事

備北丘陵公園のサイクリングは花も楽しめて超気持ちいい!

入場料2回分で年間パスが買える!マリホ水族館がオープン

【2017年版】 広島の大規模花火大会を紹介します

子供を連れていくならココ!夏休みの広島イベント情報

”おりづるタワー”の入場料1700円は高いか否か?