【2017年版】 広島の大規模花火大会を紹介します

こんにちは。だんごファームです。

今回は広島で行われる花火大会の情報をまとめてみました!

花火大会は毎年ほとんど同じ日程や規模だったりするのですが、2017年は日程に変更がされている大会もありますので、順に紹介していきます。

 

 

2017広島みなと夢花火大会

(画像は公式HPより)

広島の中では最も多い40万人以上を集める一大花火大会。広島市では以前「太田川花火大会」と「広島みなと祭」の2つの花火大会があったのですが、2003年からこれらが一つに統合されてこの「広島みなと夢花火大会」となりました。広島港1万トンバースを舞台に約10,000発の花火が打ち上げられます。
打ち上げ数 約10,000発
開催日 2017年7月22日(土)
時間 20:00~21:00
観客数 約44万人
公式HP 2017広島みなと夢花火大会

 

 

第45回宮島水中花火大会
日本三景の一つ、宮島で行われる花火大会。厳島神社をバックに幻想的な花火が打ち上げらる様は圧巻です。ただ一つ気を付けたいのは、今年は日程が変更になっている点です。ここ数年は8月11日に行われてきましたが、2017年は8月最終週土曜日の8月26日(土)の開催です。お間違えなく。
打ち上げ数 約5,000発
開催日 2017年8月26日(土)
時間 19:40~20:40
観客数 約30万人
公式HP 宮島観光協会

 

 

 

おのみち住吉花火まつり
尾道の名物花火大会。本州側の尾道だけでなく対岸の向島からの眺めも絶景。クライマックスには音楽に合わせて花火が打ち上げられます。
打ち上げ数 約13,000発
開催日 2017年7月22日(土)
時間 19:30~21:15
観客数 約30万人
公式HP おのみち住吉花火まつり

 

 

福山夏まつり2017あしだ川花火大会
広島県内で行われる花火大会のうちで最も多い16,000発の打ち上げ数を誇る福山の名物花火大会。福山夏まつりのフィナーレを飾るイベントとして毎年8月15日に開催されています。
打ち上げ数 約16,000発
開催日 2017年8月15日(火)
時間 19:30~20:45
観客数 約34万人
公式HP 福山夏まつり

 

第28回みよし市民納涼花火まつり
三次盆地の音響効果で迫力がある花火を楽しめる夏の風物詩。巴橋下流で行われ、花火と巴橋のコントラストは非常に絵になります。以前は7月下旬に行われていましたが、数年前からお盆過ぎの土曜日に日程が変更になりました。今年は8月19日(土)開催。
打ち上げ数 約10,000発
開催日 2017年8月19日(土)
時間 19:30~21:00
観客数 約5万人
公式HP 三次市観光公式サイト

 

 

第68回呉の夏まつり海上花火大会
「この世界の片隅に」で全国的に一躍脚光を浴びた呉で行われる花火大会。海軍の町らしく海上自衛隊の自衛艦もイルミネーションに一役買っています。今年は話題の「呉氏」も参戦するかもしれませんね。
打ち上げ数 約4,000発
開催日 2017年7月29日(土)
時間 20:00~20:45
観客数 約13万5千人
公式HP 呉市観光協会

 

まだまだ県内には沢山の花火大会がありますが、大きな大会はこんな感じです。

ただ、これらの花火大会は規模が大きいだけあって、人込み、大渋滞はある程度覚悟していく必要があります。特に、小さなお子様連れの方などは体力勝負になるかもしれません。待ち時間の熱中症も恐いので、水分補給はしっかり取って楽しい花火大会にしてくださいね!

関連記事

子供を連れていくならココ!夏休みの広島イベント情報

”おりづるタワー”の入場料1700円は高いか否か?

備北丘陵公園のサイクリングは花も楽しめて超気持ちいい!

入場料2回分で年間パスが買える!マリホ水族館がオープン