Amazon Fire HD8 (2017Newモデル)を買ってみたのでイイところ悪いところまとめ

こんにちは。だんごファームです。

今回は先日2017年モデルが発売された、Amazon Fire HD8のレビューです。

実は私、タブレット童貞でして今までタブレットというものをほとんど触ったことがありません。別に今までは購入の必要にも迫られてなかったんですね。

というのも、ネットショッピングにしろSNSにしろ、ほとんどの事がスマホで足りるしタブレットは別に無くても良かったんです。

しかし最近チョット事情が変わりまして、そこそこ年頃になってきた娘はスマホが欲しいと言い始めました。とはいっても、まだ小学生なので買い与えるわけにもいきませんし、親の目が届く範囲でタブレットでも買っておけばいいかなと思うようになりました。

下のボウズはボウズでFire TV stickでAmazonプライムビデオ三昧で、見たいテレビも占拠される日々。Amazonタブレットを買ってしまえば、これでビデオを見せてけばTVを占拠されることも無くなります。

そんなことを考えている時に飛び込んできたのが、2017年型のAmazon Fire タブレットの発売情報。

こりゃ買うしかないだろってことで、早速購入してみましたので感想などを書いていきたいと思います。

Amazon Fire HD 8を選んだ理由

今回発売された2017年版Amazon  Fire のラインナップは、7インチディスプレイの「Amazon Fire 7」と「Amazon Fire HD 8」の2種類。

「AmazonFire 7」は以前、「Amazon Fire」と呼ばれていたモデルで今回から7インチを意味するFire 7となり、わかりやすくなりました。

 

Amazon Fire 7(16GB) Amazon Fire HD 8(16GB)
ディスプレイ 7インチ 8インチ
解像度 1024×600 1280×800
メモリ 1GB 1.5GB
プロセッサ クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz
ストレージ 8GB 16GB
バッテリー駆動時間 8時間 12時間
スピーカー モノラルスピーカー Dolby Atmos ・デュアルステレオスピーカー
サイズ 191 x 115 x 9.6mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 295g 360g
価格 8,980円

(プライム会員は4,980円)

11,890円

(プライム会員は7,980円)

 Fire 7は薄くて軽いのが特徴この点はおいてはFire HD 8は劣勢です。サイズもわずか1mmですが太く、重量に至っては65gも重い。軽さを求める人にはFire HD 8は不向きです。

しかしFire HD 8はディスプレイが大きいのは当然ですが、メモリが1.5GBと余裕があり、バッテリーの駆動時間もFire 7とくらべて1.5倍の12時間。さらに、小さいながらもDolby Atmosのステレオスピーカーを搭載しています。

もともと今回の購入動機としては「Amazon プライムビデオをテレビ以外の端末で見たい(というか見せたい)」というところが一番なので、嫁と子供の希望もあってFire HD 8を購入することになりました。

自分はAmazonプライム会員なので4,000円引きの7,980円での購入です。ちなみに2017年モデルは昨年よりも1,000円値下げされています。

 

 

開封してみる

まあいわゆる開封の儀ってヤツです。(一度やってみたかった)

割と簡素な感じの外装です。まあお値打ちタブレットだし、こんなものでしょう。

 

お菓子の箱みたいにペリペリと。

 

内容物はこんなかんじ。充電器と簡単な説明文のみです。このあたりは同じアメリカのApple社に通じるシンプルさがあります。こういうのは日本企業では真似できないところ。

 

電源を入れるとセットアップが始まります。Amazon製品はFire TV Stickなどもそうですが、出荷時に既に購入者の情報がセットされた状態で発送されます。

なので、今回も例によってアカウント情報は入力されていました。

ちなみに電源は80%充電された状態なので、すぐに使えます。

 

実際に手にとってみる

ではここからは実機の紹介です。自分の率直な感想を書いていきます。

持った感じ

親指から小指の先までが23cmの自分が持つとこんな感じ。男性でもそこそこデカく感じるので、女性だと台においたままタッチするのが主な使い方になるかもしれません。

あと、やはり重量感はそれなりにありますね

360gありますから、ずっと手に持って使うのは少ししんどい気がします。

 

ディスプレイ

iPad Mini 4が1536×2048ということを考えると、Fire HD 8の解像度1280×800は心もとない気がしますが、実際に見てみるとそこまで問題は無いように思います。

特に、スマホだと小さすぎ大画面テレビに映すとアラが目立つ、DAZNのスポーツ中継はこれくらいのサイズがジャストです。後述しますがサウンドも結構良いので、F1見るには最適です。

もちろんAmazonビデオも快適に見ることが出来ます。

ただ、ディスプレイの映り込みが激しく、人によっては少し目が疲れるかもしれません。フィルムを貼るなら反射防止型がおススメです。

サウンド

正直購入前は全く期待していなかったんですが、意外に音がイイです。少なくとも自分が持ってるiphoneSEよりも全然イイ(基準がアレですが)。ベタ置きすると音に拡がりが出てさらにイイ感じになります。

最近聞ける曲がかなり増えてきたAmazon musicもヘッドホン無しでもそれなりに楽しめる音質ですし、プライムラジオをBGM代わりに流しておくという使い方も出来るでしょう。

Amazon アプリ

ゲームをバリバリ楽しみたい人にとっては、ハッキリ言ってAmazonアプリでは物足りないでしょう。実際にこの点がAmazonタブレットの最大の弱点といっていいかもしれません。

ただ、自分の場合はスマホでもほとんどネットゲームをすることは無いので、特に気になりませんでした。メジャーどころのアプリでは「LINE」や「Instagram」といったところがないのですが、これはスマホに入っているので問題無し。そもそもInstagramをするには200万画素の内蔵カメラではショボイ写真しか取れないでしょうし(笑)。

ちなみにネットで検索すればGoogle Playを導入する方法が色々と出て来ますが、ここでは詳しくは紹介しません。おそらく保証も適用外になると思われるので、どうしても物足りないかたは自己責任でどうぞ。

 

総評

Amazon Fire HD 8は、家で使うと割り切ればコスパ最強のタブレットです。

Amazonタブレットの購入を考えた時には、4,980円(プライム会員)と価格が安いFire 7に目がいってしまいますが、よくよく考えてみると7,980円のFire HD 8と3,000円の価格差しかありません。

携帯性ではもちろんFire 7なのですが、実際にはWifi環境下でしか使えないというAmazonタブレットの仕様を考えると、それほど携帯性を重視する必要もないと思います。

それよりも、画面が大きくてサウンドもイイFire HD 8のほうが、よりAmazonタブレットのメリットを感じることが出来るので当ブログではこちらをおススメします。

あと、購入する時には年間3,980円のAmazonプライムの会員になるのは必須です。というか、元々それしか考えて無いような値引き額ですから入らないという手はありません(笑)

 

 

参考)カバーとフィルムも同時購入しました

元々かなり衝撃には強くできているAmazonタブレットなのですが、子供が使うと何をしでかすかわからないので、カバーとフィルムも同時に購入しました。

fire HD 8 純正カバー

Amazonの純正ということもあって、かなりシッカリとした造りです。

ファブリック素材で手触りもイイ感じ。

このように横置きで立てることもできるのですが、角度調整が出来ないのが難点

微妙に角度調整したい時ってありますよね?

専用フィルム

反射防止型を購入しました。ディスプレイのところにも書きましたが、映り込みが気になるので反射防止型にして正解だったと思います。

予備用(?)に2枚入っています。至れり尽くせり。

関連記事

使ってみてわかった!転職エージェントの上手な利用方法

”俺たちは氷室京介を卒業できない” L'EPILOGUE(エピローグ) レビュー

「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」レビュ...

サッポロ一番「広島式汁なし担担麺」がビックリするくらい本格的だった件

予算1万円前後でシェーバーを購入したのでおススメと調べたことのまとめ

【最初だけ優しい】デアゴスティーニF1の創刊号 マクラーレンMP4/4