広島駅在来線改札内に「アントレマルシェ広島」がオープンしたので行ってみた

こんにちは。だんごファームです。

今回も広島駅ネタ。「広島駅周辺」っていうカテゴリー作れるんじゃないかと思うくらいに再開発真っ只中の広島駅ですが、今回も新しいスポットがオープンしました。

その名も「アントレマルシェ広島」。

アントレマルシェはJR西日本の駅構内にある店舗で、いわゆるエキナカと言われる施設の一種。コンビニが併設されたお土産ショップとして既に新大阪や三ノ宮など関西圏には数店舗あり、2017年6月23日広島駅にオープンすることになりました。

アントレマルシェ広島に行くには

広島駅在来線の4番・5番ホームへの降り口そばにあります。

この場所は改札口の構内なので、在来線利用者以外は入場料(140円)が必要です。ちなみに新幹線利用者は在来線への乗り換え口を利用すれば普通に入れます。

 

こちらが入り口。高級げな雰囲気が漂います。

 

中に入って目に付くのは広島のお土産コーナー。もみじ饅頭などのポピュラーなお土産は一通りそろえている印象です。

カルビープラス

奥にはカルビープラスがあります。ゆめタウン廿日市にあるのは「スナックキッチンmy calbee」で、カルビープラスは中国地方初出店。

 

サマーバッグという期間限定商品が販売されていました。こちらは3,000円近かったので予算の都合上断念。

揚げたてのポテトを提供するのがウリのカルビープラス。今回はポテりこチーズ味(税込310円)を頼んでみました。

注文を受けてから揚げ始めるので1~2分待つことになります。中ではオジサンが、まるでもこみちのごとく打点の高い塩を振りかけていました(笑)

で、出てきたのがコレ。写真のバックは色々と雑なのでボカしていますが気になさらずに。

食べてみると、やっぱり揚げたてなんで美味しい。揚げたてならではのホクホク感がイイ感じ。チーズが結構濃厚で1カップ食べるとそれなりにお腹がいっぱいになります。

FUJIYA FACTORY

アントレマルシェ広島にはFUJIYA FACTORYというショップも入っています。

ショーケース上段にチーズタルト、下段には広島店限定の「カープバットシュー」と名付けられたスティック型のシュークリームが販売されていました。

「ミルキークリーム味」と「瀬戸内レモン味」の2種類。価格は税込250円。

今回は広島っぽい瀬戸内レモン味を選んでみたのですが、さっぱりした味わいでなかなか美味しい。ただ、シュークリームとして考えるならもう少しクリームが欲しいかな、とも思いました。

FRUITS THINGS

もう一店舗、岡山の株式会社フルーツジャパンの新業態ブランド(JR西日本HPによる)のFRUITS THINGSというお店も入っています。今回は残念ながら購入せず。次回には。

 

まとめ

全体的に高級チックな造りで、何となくデパ地下っぽい造りの店舗です。在来線の改札口構内でもそれなりの土産物が買えるので重宝する人も多いと思います。

今年秋には「ekie(エキエ)」の部分開業も決まっていますし、こういった施設が増えることで広島駅自体の魅力がどんどん上がっていきそうな感じ。

新幹線で広島に来られた際も在来線改札口を通れば入ることが出来るので、観光客の方も一度足を運んでみてはどうでしょうか?

 

(追記)高級ポテトチップス「エッセンポテト」を買ってみた

カルビープラスに行ったときに、店頭で山積みされていた「エッセンポテト」という高級ポテトチップスを購入してみました。基本的に直営店舗限定で販売されているようです。

「ESSENCE POTATO」と書いてエッセンポテト。ついエッセンスポテトと言いたくなってしまいますが、エッセンポテトらしいです。税込540円で20g入が4袋入っています。

 

今回購入したのは「石垣の塩味」。”本製品中に石垣の塩を0.8%使用しています”と書かれていました。

 

これが一袋の全量。これだけ見るとまあ少ないんですが、一枚一枚にそれなりに厚みがあります。

で、肝心の味はどうだったのかといえば、さすがに高級ポテトチップスだけあって美味しい。一枚ずつは小さくても厚いので食べごたえがあります。そして、何といってもポテトの甘味をしっかりと感じます。

一袋が125円換算と考えれば日常使いには難しいですが、貰った方は結構嬉しいんじゃないでしょうか。500円程度のちょっとした手土産ならピッタリですね!

関連記事

イオンの大型商業施設が来春開業。”グリーンフォートそらの”の現在と未来

沼田PAが2018年3月のスマートIC化に向けて工事中

広島駅新幹線口のマイカー降車場とタクシー乗場が入れ替わってる件