備北丘陵公園のサイクリングは花も楽しめて超気持ちいい!

と備北丘陵公園といえば県内でも随一の広さを誇る公園です。

スタンダードに大型遊具で子供を遊ばせるもよし、

四季折々の花を観察するのももよし、

アスレチックで身体を動かすもよし、

ひばの里で農家体験をするもよし、

冬にはイルミネーションを楽しむもよしと、

楽しみ方はいくらでもあります。

このように色々な選択肢があるなかで今回取り上げるのは、サイクリング。

備北丘陵公園で密かに(?)人気のあるサイクリングコースを回ってきましたので、その感想と注意点をまとめてみます。

サイクリングセンターの場所は2カ所ある

実はサイクリングセンターは「中入口」と「北入口」の2か所があります。

ただし、北入口については春祭り、夏祭り、秋祭り、ウインターイルミネーションの一部期間(つまり繁盛期)になっていて、基本は中入口サイクリングセンターを利用することになります。

f:id:streamliner77:20170418231131g:plain

出典:国営備北丘陵公園

この地図だと右が北側になっていて少しわかりにくいのですが、地図の真ん中あたりが中入口。ここに一番近いのは第1駐車場ですので、場内の案内に沿って第1駐車場を目指します。

f:id:streamliner77:20170418005401j:plain

第一駐車場から橋をわたるとすぐにサイクリングセンターが見えてきます。

春の行楽日和だったこの日は多くのサイクリング客で賑わっていました。

電動自転車は人気なので速攻無くなる

この日は11時過ぎに着いて、電動自転車を借りようと思っていたら既に全て貸し出し中でした。

f:id:streamliner77:20170418005809j:plain

(最初に2時間までの料金を券売機で買って、返却時に延長料金を追加で支払うシステムです)

電動自転車は普通の自転車の2倍料金なんですが、それでも電動自転車は人気の為、朝の早い時間帯から無くなるのだとか。

電動自転車狙いの方は朝早く行くか、朝の利用者が一回りして帰ってくるのを待つ必要がありますね。

特に子供を乗せる2人乗りタイプにしようとしている人は電動自転車が絶対におススメ。

自分は電動が無かったので仕方なしにコイツにしました。

f:id:streamliner77:20170418230708j:plain

よくオバちゃんご婦人が子供を後ろに乗せて走っているこのタイプの自転車。

女性でも普通に子供を後ろに乗せて走っているので、男なら大丈夫だろうとタカをくくって乗ったのですが、うちの子供は5才なのに小学生と間違えられるくらいデカいので普通に20kgあります。

これを後ろに乗せて走るのですが、スタート地点から駐輪場がある大芝生広場までは結構な勾配なので、後ろに20キロ乗せて走ると普通に死にます。

自分は運動不足で体力が落ちているので、後ろの20kgに「父さん遅ーーい」などと罵声を浴びせられながら登り切った頃には顔面蒼白になって何もする気が起きませんでした。

まあ、体力がある方は全然問題ないと思いますが、後ろに20kg乗せようとしている方は待ってでも電動自転車にしたほうがいいと思います。

f:id:streamliner77:20170418232218j:plain

子供らが大芝生広場の遊具で遊んでいる間に体力回復。

花が楽しめるサイクリングコースは超気持ちいい

今年は桜が遅かったのでまだまだ桜が楽しめました。

f:id:streamliner77:20170418232521j:plain f:id:streamliner77:20170418232952j:plain

つどいの里はまさに桜が満開。

この辺りまで来ると、やや下りで後ろの20kgも全く気にならず桜吹雪の中を気持ちよく駆け抜けることが出来ます。

しかも、今年は桜が遅かったせいか花見客もそれほど多くなく、非常にゆったりと過ごせました。

f:id:streamliner77:20170418233650j:plain

途中にはアスレチックコースもあります。

写真はツチノコと呼ばれる遊具。他であまり見る事の無い結構珍しい遊具ですが、どのあたりがツチノコなのかはさっぱりわかりません。

f:id:streamliner77:20170418233022j:plain

湖畔を走るのも気持ちいいですよ。

(この後勾配があって若干きつかったんですが…)

f:id:streamliner77:20170418233116j:plain

西日本最大級というスイセンガーデンにも寄ってみました。

スイセンの見頃は少し過ぎていたようですが、それでも遅咲きのスイセンは満開の品種もあり…

f:id:streamliner77:20170418233251j:plain

こんな感じで、寄り道をしながら楽しむのもいいもんです。

まとめ

朝11時過ぎに出発→大芝生広場で遊んで弁当を食べる→アスレチックで少し遊ぶ→つどいの里で野球→スイセンガーデンに立ち寄る→サイクリングセンターに帰還

というコースで行ったのですが、延べ3時間半くらい。

貸出自転車は2時間を超えると延長料金になるので1時間半の延長料金を払いました。

それでも大人2台、子供1台なので総計1,130円。

この内容なら全然安いと感じました。

特に花が見ごろを迎えている季節ならば満足度は高いと思います。

備北丘陵公園にはこんな楽しみ方もあるので是非!

関連記事

子供を連れていくならココ!夏休みの広島イベント情報

【2017年版】 広島の大規模花火大会を紹介します

入場料2回分で年間パスが買える!マリホ水族館がオープン

商工センター「魚の資料館」は無料で魚について学べるのでおススメ

”おりづるタワー”の入場料1700円は高いか否か?