Googleアドセンスの審査を通過してわかった「やってはいけないこと」のウソ

2016年12月3日、ようやくGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の審査を通過することができました。

Google AdSenseは2016年の春あたりから「審査が厳格化している」と言われていて、簡単に審査が通った以前とは随分様相が変わってきているようです。

当ブログも例に漏れず何度も何度も審査にはねられながらも、何とかGoogle様に「おまえ、広告載せてもいいよ」と言われるまで漕ぎ着ける事が出来ました。

ここに至るまでに検索していくつかのサイトを参考にさせてもらったのですが、ネットにあふれるアドセンス審査の情報は現在の審査基準とかけ離れたものが多く、随分と振り回されました。

そこでこの記事では、自分の体験をもとに今まで言われてきた「アドセンス審査でやってはいけないこと」について書きたいと思います。

 本当にやってはいけないこと、やるべきこと

まずはやってはいけないこと、やるべきことから書いていきます。

審査落ちしたら2週間以上必ず空ける

これは本当。私の場合は審査落ちしたことで

「やべーーー!嫁を説得して有料のはてなブログproにしたのにーー!」と焦ってしまって改善後に間をおかず再申請してしまい、速攻でgoogle様から「ごめんなさい」メールを何度も頂く事になりました。

とりあえず焦る気持ちを抑えて再申請は2週間程度は待ちましょう。

ただ、一部では「一ヶ月以上空けないとダメ」なんて情報もありますが、これはウソです。

カテゴリーを整理する

不承認メールでおっしゃるには、ユーザーの利便性を高める事が重要とのこと。おそらく「アクセスした人が見やすいように、カテゴリー整理しなさいよ」ってことですね。

はてなブログのデフォルトで用意されているものにはシックリくるのがなかったので、有志の方が後悔されているスキンを使わせていただきました。

PC用で参考にさせていただいたのはこちら。スキンをダウンロードするだけで超簡単です。こういうの作れる方は尊敬します。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

スマホ用はこちら。これもコピペしていけばすぐに作れます。素晴らしい。

www.ituore.com

問い合わせフォームを設置する

どこの誰が書いているかわからないサイトには広告をのせられませんよね。

プロフィールにはメールアドレスを載せることと、お問い合わせフォームがあればなお良いと思います。

私は忍者メールフォームを使いました。ご参考までに。

無料で使えて設置も簡単なメールフォーム|忍者メールフォーム

f:id:streamliner77:20170103235320j:plain

アドセンス審査でやってはいけないこと」のウソ

いよいよこの記事の主題。以下は、一般的に「やってはいけない」と言われてきたことで明らかにウソな情報です。

写真貼っちゃダメ?

これは明らかにウソ。このブログはバリバリ貼ってます。

実はこのブログで一番のアクセスがあるのは写真を多用した「おりづるタワー」について書いたの記事です。

もしこの記事で写真を使わなかったら記事の内容は全く伝わらないと思います。

しかも、このブログで一番アクセスがあるこの記事を改変するのはリスクしかありません。そういった理由で、そのままにしておいたのですが承認されたので画像を貼り付けるのは問題無いと思います。

ただしこの記事では最後に自分の感想と意見をまとめて書いたので、それが評価された可能性もあります。写真オンリーだとどうなったかはわかりませんね。

あと、著作権・肖像権に絡むのは避けたほうが無難です。漫画の一コマとかも避けたほうがいいと思います。

広告を貼っちゃダメ?

これもウソ。

Google様があまりにもツンで何度も審査落ちしたので、おもいっきりnendに浮気していました。

それでも問題なかったのでこれもあまり気にする必要は無いかと思います。

リンクを貼っちゃダメ?

リンクも普通に貼っていました。

ただし、一部リンク切れを起こしていた部分はリンクを外しました

ニュース記事を引用している場合などはチェックを入れておいたほうがいいかもしれません。

シェアボタンを貼っちゃダメ?

ツイッター、フェイスブックともにつけていたのでこれは全く問題ありません。

一体誰がこんなこと言い出したのか疑うレベル。

批判しちゃダメ?

実はこれに一番ビビッていました。

このブログでは広島のサッカースタジアム問題については、クラブに対してはかなり辛らつな事を言い続けてきました。自分としては想いや主張を書いているつもりなのですが、批判と捉えられる可能性もあります。

ただ、この記事を変える事は自分の信念を曲げる事になるので、そこだけは絶対に譲れませんでした。

これがダメならアドセンスはあきらめようと思っていましたが、結果承認されたので問題ないと判断されたのでしょう。

審査用ブログの是非

実は何度も落ち続けた時点で、審査用ブログを作る事は頭に浮かびました。

ただ、やはり本ブログで通過しないとダメだと、思いとどまりました。

以前は日記ブログを20記事程度書けば通ると言われていたようですが、それはやはり過去の話のようです。

しかも、例え通過したとしてもGoogleの規則が変わって、「申請したブログじゃないとアドセンス貼っちゃだめ」と言われれば非常に厄介な事になります。

小手先だけでアドセンスを欺くのはやめた方が良いでしょう。

まとめ

何度も審査に落ちながら考えていたのは「こんなことならもっと早くやっとけば良かった」ということでした。以前なら簡単に出来ていたのにと。

Googleは検索されて表示されるコンテンツの質を上げるために本気になって取り組んでいるようです。

ですから独自ドメインを取る事が必須条件になったり、簡単に審査を通さない事でコンテンツをふるいにかけているのだと思います。今後もこの流れは変わらないのではないでしょうか。

今ならまだこの程度のブログでも(何かの間違いかもしれませんが)承認されました。

この記事を読んで頂いた方のなかで、アドセンスに承認される人が出る事を願っています!

それでは。

Google AdSense 成功の法則 57

 

関連記事

ブログ開始1周年で月間10万PVを達成したのでやってきたことを書いてみる

【2017年の誓い】ブログ開始1周年までに10万PVを目指します

アドセンスの”広告掲載率”の設定ってメリットがあるの?

ブログのタイトルで小一時間悩んだ話